神奈川こどもレジ室

神奈川県立こども医療センターの後期研修医(ジュニアレジデント)のブログです

熊谷晋一郎先生講演会

今日は院内の研修会。


講師はご自身も脳性麻痺をかかえ、様々な当事者研究にも取り組んでおられる小児科医 熊谷晋一郎先生でした。

日本の障害者福祉におけるパラダイムシフト、その中で起きてきたこと。脳性麻痺をかかえるご自身の歴史でもある。東日本大震災、相模原事件を経て。
病気のこども、ご家族と過ごす私たちにとても大切なお話をいただきました。


うまく言葉にならない思うことがたくさん出てきて、講演後質問をされた新生児科豊島先生に話しかけ、暗い廊下でまたたくさんお話を聞かせて頂きました。
熊谷先生、母子保健推進室のみなさま、本当にありがとうございます。

 

こども病院ならでは勉強の機会がたくさんあるのも, 神奈川こども小児科研修の特徴です。見学は年中大歓迎!

※小児総合研修医募集のお知らせと広浜食堂11

神奈川県立こども医療センターは平成30年度小児総合研修医の募集を行います。

kcmc.kanagawa-pho.jp

数多くの貴重な経験、症例に比して少ないレジデント数、日本を代表する各科指導医、暖かい雰囲気、みなとみらいへ15分の立地、そして素晴らしい食堂!!!

 

広浜食堂11 

 

レジデント佐藤陽太です。 

嬉しいことがあった日は、広浜へ行こう。

入院患者さんが良くなった、担当したお子さんが外来で元気な姿を見せてくれた。

 

よい事ばかりではない病院、だからこそ嬉しいことは力いっぱい喜びたい。そんな願いに応えてくれるのが広浜食堂です。

 

患者さんの好転に小躍りせんばかりのレジデントは同僚を誘い広浜食堂へ向かいました。心なしか食堂が明るく見えます。いつもは目に入らぬ, 窓際のシクラメンも愛らしい。

新メニューの肉うどん、特別メニューのデミグラスチーズオムライスに心惹かれつつも彼は大きな声で言いましたカツカレーをください。カツカレー!!おお、たえなる響き!「声に出して読みたい日本語」。

カレーには崩れる寸前の豚肩ロース塊がゴロゴロと転がります。いつもより多い。

半身にカレーを纏う揚げたてのロースカツにトンカツソースをかけるのは、上司M先生の指導。同僚の着座を待つこともせず、慌ただしく頬張る。

 彼にとって広浜食堂のカツカレー580円1156kcal は、まごうことなきご馳走であり贅沢です。心から楽しみにしており、とっくりと満足するのです。

 

さあ、あなたも。担当医としてこどもの病状に一喜一憂し、広浜食堂で喜びませんか。

 

神奈川県立こども医療センタージュニアレジデントのFacebookです。

https://www.facebook.com/kcmcjr/?hc_ref=ARRdKI7kepfgTTG9QDgKt3ZkZoU9l8W0vyGCQTERTgbkfVbXTtZZLPmEcTjvPyAo4UU

 

広浜食堂10  

広浜食堂10  

速報:9/15, 担々麺があたたかくなりました。

本日から, 秋です。

(当センターはいわゆる秋分ではなく、広浜食堂の担々麺を秋の始まりとして採用しています。) 

すっかり涼しくなった六ッ川です。

下記の文章は20178月に記されたものです。暑い日を懐かしみ, upします。

 

 

レジデント佐藤陽太です。

暑い日が続いています。広浜食堂では冷やし納豆そば/うどん、冷やし担々麺の売れ行きが好調です。我々レジデントも概ねこの2つを代わりばんこに食べ、生きています。

 

広浜食堂の冷やし納豆そばはひきわり納豆、揚げ玉、ねぎ、濃いめ・少なめのカツオ・昆布混合のかけ汁で構成されています。

 

納豆をかき混ぜてご飯に乗せ、寒い冬の朝 白い湯気とともに食す際、用いられる形容詞は ねばねば でありましょう。

 

唾液・はちみつなどで汚れた手を「べとべと」ではなく「ねとねと」と表現したのは、筆者の尊敬する松岡享子先生であります。「くまのパディントン シリーズ」(マイケル・ボンド 著, 松岡享子 訳  福音館書店 http://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=80)。

唾液と汗にまみれた手を握りしめ天使の笑顔で眠る子ども達を眺めながら、この表現の正確さ、味わい深さを感じる日々です。

 

日常的に納豆そば、たぬきそばを楽しむ人々、そのコミュニティが存在するそうです。

いかに納豆、天かすをお蕎麦と同時に効率よく食べるか、これが最大かつ永遠のテーマであるわけです。

 

何気ない日常に、大きな発見がある。アイザック・ニュートン氏の言葉です。

先日いつも通り冷やし納豆そばをすすりながら気付いたのです。

 

ここに答えがあるのではないか。

濃いめ少なめのかけ汁に浸った褐色のお蕎麦を持ち上げると、まず固めに混ぜられた(お醤油はかかっていません)納豆がまとわりつきます。その上に散らされた天かすが、納豆の糸に引き込まれともに持ち上げられてくるではありませんか。

さながら芥川龍之介「蜘蛛の糸」の様相を呈しております。

 

蕎麦の量、かけ汁の濃さ・量(決して天かすが濡れてはいけない)、ひきわり納豆の固さ、トッピングの順序。

 

計算し尽くされた一杯の蕎麦、そして多くを語らぬ社長。

 

さあ、存分に楽しみましょう。

 

広浜食堂9

レジデント佐藤陽太です。
 
 
普段食べているものを知ることが、その人間を知ることである。
 
稀代の食いしん坊、ブリアン・サバランの言葉です。
体の半分程度が広浜食堂でできている我々KCMC職員は、どんな人間なのでしょう。
 
その昔、中国で厨師(コック)を採用する際に試験として作られる料理は決まっていたと言います。厨師考試。(「食は広州にあり」より)
蛋花湯、炒牛肉、蒸肉餅の3つであります(卵のスープ、牛肉炒め、豚肉蒸し)。
 
いずれも広東料理の定番でありながら美味しく作るのは難しい。実に気の利いた試験と言えましょう。
 
さて、病院食堂に限らずご飯どころについて考えるとき。現代の日本でこの3品にあたるメニューはなんでしょうか。
この3年間広浜食堂に通い、食事をする人々を観察しながらずっと考えていました。
 
 
初めて広浜食堂にいらした方は立ち居振る舞いからそれと知ることができます。
 期待と不安、メニューを吟味しておられる。
初めて召し上がるメニューで多いのはカレーライス、そしてトンカツ関連であります。
密かな驚きでしたが、カツ丼カツカレートンカツ定食。この3つを注文される方は多い。
 
声をかけたくなります。
 
 
もしもし、失礼致します。今日のあなたに召し上がっていただきたいのはトンカツではありません。海老フライをどうぞ。
 
ごきげんよう、怪しいものではございません。今日はカキフライがありますね。
 
素敵なお帽子ですねお父さん。カレーも良いです、でもハヤシライスも良いですよ。
 
外は暑いのでしょう。今日の日替わり定食Bは鯖フライのネギソースですね。鯖のお腹の付近、皮の下のあぶらは実に美味しいものですね。
 
稀勢の里関、大変ですね。特別メニューはスープカレーですか。あ、少しお待ちください。スープカレーは再考の余地があります。

 

 
 
 
よく考えました。広浜食堂を知っていただくために。病院食堂考試、2017年夏。
 
冷やし担々麺、チャーハンセット、そして日替わり定食(A/Bはお任せします)
 
 
ご意見お待ちしております。教えてください、あなたの広浜食堂。

広浜食堂8

当直の佐藤陽太です。
今日は思いがけぬ、広浜食堂カルビクッパの日でした。


年に数回寒い時期に登場するこのスペシャルメニュー、佐藤は3月に一度お別れを済ませておりました。

熱く、赤く、辛い。
深みのあるスープは、牛のスネ肉と骨を長時間煮込むことでしか得られない風味。
新宿中村屋の婿となり、日本にはじめて本格的なインドカレーを伝えたインド独立の志士、ビハリ・ボース氏注1)の言葉の重みを感じます。

 

”本当の味は 骨にしみこんでいるのです”

 

ゴロゴロと入ったスネ肉がさらに、楽しみを与えてくれる。
こども病院の食堂とは思えぬ辛さですが、どこか奥行きのある香り、丸みのある辛さは韓国産の唐辛子でしか出せないものです。

 

大盛りなんぞ頼むと大変です。
大ぶりのラーメンどんぶりになみなみと注がれた赤いマグマを一心不乱にすすればもう、気持ちは冬のソウル。

 

東大門前の通路には所狭しと屋台が並び活気に満ちている。白い息を吐き、かじかむ指をこすり席に着く。寒い。芯に染み込む冷気だ。
やはり熱いクッパをもらおう。隣のおじさんはマッコリの満たされた白磁を受け取ると、のどを鳴らし一気に飲み干す。
見事なものだ。気づくと僕も、同じものを、と叫んでいた。

 

行ったこともない隣国へと心はトリップ。
顔を上げると、大汗をかき赤い液体をすすりこむ紅潮した顔がたくさん。素敵なお昼時でありました。

 

注1)ラス・ビハリ・ボース氏 インド独立を志し活躍、日本に1915年亡命。国外退去を命じられた彼をかくまったのが新宿中村屋の主人、相馬愛蔵氏・妻の黒光氏でありました。その後相馬夫妻の娘・俊子氏と結婚。不幸にも俊子氏は26歳の若さで亡くなってしまいますが、ボース氏はその後も中村屋を支えました。彼が作った「純印度式カリー」は当時一般的なカレーライスの7-8倍と大変高価だったにも関わらず人気を博しました。日本で入手できるバターに満足いかなかった彼は、愛蔵氏に頼み専用の牧場を作り、そこで特別なバターを作り用いたという。カレー作りに最も大切なのは玉ねぎでもスパイスでも鶏肉でもなく、バターです、という素敵なお話。

広浜食堂6

日直の佐藤です。

 

かわらずそこにあること。


この安心感にいったいどれほどのこども、そのご家族、応援する職員たちが助けられてきたことでしょう。


当センター歩みの傍らに、常に広浜食堂があります。
センター開設と同時に院内食堂としてオープンしました。

 

昭和45年4月、戸塚駅に(当時東戸塚駅はなかった)一人の青年が降り立った。
齢23、自らの店を構えることへの若干の不安、胸の奥に滾る昂揚感。
こども病院に食堂を作る。

 

六ッ川の桜は彼を歓迎したが、中華鍋と菜切り包丁の風呂敷包みが冷たい雨に濡れ肩に食い込んだ。


当時の六ッ川は国道1号が畑の中を貫く、静かな丘だった。

 

飲食店を営む父親のもとで磨いてきた腕は独立を望んでいたが、ぼんやりと描いた青写真より数年早い、独り立ちであった。


奇をてらわずきちんとうまいものを作る技術、若く強靭な肉体。納得のいく味のため、徹夜を繰り返した。中華鍋を振る前腕は疲れを知らなかった。

室生哲春(仮)、現在の麺担当、社長その人である。

 

休むことなく、働いてきた。
色々なことがあった。人もかわった、時代も変わった。

あのころはパクチーなんてなかった。

「早いもんだ、あと3年で50年か。」

すっかり白くなった髪の向こうで、ふわりと笑った。

 

こども病院、神奈川県立南養護学校を合わせた当センター。
創立からのメンバーとして残るのは、現在 室生ただひとりである。

広浜食堂5

「広浜食堂」とgoogle検索をすると「神奈川県立こども医療センター 施設案内」よりも拙ブログが上位(というか最上位)にあることが発覚し少しドキドキしているレジデント佐藤です。
六ッ川の桜も咲き、神奈川県立こども医療センターは48回目の春を迎えました。

 

「この病院、食堂ってどうですか」
「なにを食べるとよいですか」
当然新入職員の方にとって最大の懸念であり、答える我々も慎重にならざるを得ません。
よしきたと意気込んで自らの嗜好を熱く語るもよし、少し目をそらし東の山に目をやり

「まあ初めての方は定食がよろしいです、揚げ物はB定食が揚げたてです、コホン」などと呟くもよし。

先日行われた医局歓迎会、目的はもちろん、新しくいらした先生方を歓迎し交流をはかること。

そして広浜食堂についてその実力の一端をお披露目することにあります。

広浜食堂ケータリングサービスを目の前にした医師の目は輝きます。グリーンカレー、モツ煮込み、鯛のおつくり等普段の食堂でも楽しめるメニューの他、エスカルゴからフルーツタルトまで、旧独身寮の一室にところ狭しと並べられた大皿の数々は今回も、希望と活力に満ちた一年を予感させるものでありました。

 

前述の質問、私はこう答えます。
「ここの食堂は最高です、存分に期待して行ってください。決して裏切られることはありません」
「カレーよりはハヤシライスをお勧めいたします」

「トンカツよりエビフライをお勧めいたします」

「辛いものはきちんと辛いです、こども病院の院内食堂という意識はあまりないようです」

寒いですね

遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。

 

え?もう1月下旬だって?  

 

。。。すいません

 

お正月はいかがお過ごしになりましたでしょうか。

今年の年末年始は緊急入院も少ない印象で、みんなが元気にすごしてくれているんだろうなぁと思っていました。

 

僕個人としては年始から当番だったので元日が仕事始めでした。

お餅やお雑煮、おせちも食べず、あまりお正月感がない2017年の始まりでした(・_・;)

今年一年もまた頑張っていきたいと思います。

 

 

さてさてジュニアレジデントも今週から新ローテになりました。(ローテーション変更に伴い、主治医が変更になるなど、患者さんやご家族にはご迷惑をおかけしますがご了承くださいm(_ _)m)

 

ぼくら3年目レジデントにとっては最後のローテーションになりますこの病院に来て早3年が経過しようとしています。早いですね。びっくりです。本当に。。。ここに赴任した時よりは少しは成長しているんですかね(・_・;) いや、成長していないと指導してくださっている先生方に申し訳ないですね。。。成長していると信じてます(゜-゜)

 

では!

広浜食堂4

レジデント佐藤です。

 

早いもので12月29日。今年も広浜食堂にはたくさんの感動をもらいました。

 

忘れもしない12月27日。今年何回目でしょう、

広浜食堂ステーキの日です。

 

 

日替わりメニュー(牡蠣フライ、フォー・ガー、まぐろなめろう丼等等..)に網焼きビーフステーキが登場する日です。値段は定食で680円(780円だったかな?)、やや高級品です。

 

 

ビーフステーキは特別な食べ物です。

「美味礼賛」Amazon CAPTCHA 

を著したブリア・サバラン(フランスの政治家:稀代の食いしん坊)は言いました。

 

料理人にはなれるが、焼き肉師は生来のものだ

 

ここ六ツ川、広浜食堂には天賦の才を得た焼き肉師がいるのです。

 

 

 

 

世界には肉をうまく焼く男がいる街が2つあると言います。ニューヨーク、そしてミラノ。

ニューヨークはヒッコリーの薪、ミラノは炭を用いる。広浜はガスであります。

ガス台に網をのせ肉塊を焼き上げる焼き肉師、その視線の厳しさよ!

 

完璧に焼き上げられたミディアムレアの肉の断面ほど美しいものはありません。

 

 

 

以上、2016年を振り返りました

 

 

NPC

こんばんは。うちだです。

今日は毎週金曜日の朝のレジデントカンファの日でした。

 

1年目の鋭い毒舌キャラである庄野先生が 細菌性腸炎 について発表してくれました。

 

便の培養検査って単に提出するだけではだめなんです!

疑う病原菌がある場合はそれに対応して培地を選んでもらったり、低温培養してもらったりする必要があるんです!(そのほうが培養陽性になる確率が上がるので、診断につながります)

 

エルシニア腸炎では回盲部リンパ節がごりごり腫れるそうで、結構特徴的らしいです。

 

勉強になりました!

来週は今村先生が担当です!

 

皆さん、生肉には注意しましょうw

 

 

初雪

こんばんは。内田です。

今朝は朝から雪が降りましたね。。

 

北の方の出身ですが、僕は寒いのが苦手ですw

はやく春がこないかなぁとすでに切望中(^O^)

 

さてさて、先日当院にクリニクラウンのみなさまがいらっしゃってました。子供たちにバルーンアートを作ってくれたり、頑張る子供たちを楽しませてくれています。

 

廊下ですれ違ったので写真を一枚とらせてもらいました(^O^)f:id:KCMCjunior:20161122120623j:plain

気づけばもう師走が近づいている。。。

こんばんは!内田です。

お久しぶりです。気づいたらもう11月も中ごろ。

あと1か月すれば年末に突入しますね。

時がたつのは早いもので、僕と僕の同期が神奈川こどもに来て3年目です。僕らレジデントは3年間で終了なので、僕らも3月にレジデント卒業となります。はやいなぁ(・_・;)

残り数か月も頑張っていきますのでよろしくお願いします!

そして、4月になればまた新しいレジデントが来ますのでよろしくお願いしますww

 

さてさて、僕は今月から放射線科で研修中です。

放射線科とはなんぞや?と思われる一般の方も多いと思います。

放射線科、特に画像診断科は病理科などと同じようにDoctor's Doctorと呼ばれる分野の一つです。

 

CT検査、MRI検査などの画像を読み主治医に結果を伝えてくれるという立場です。なので患者さんが直接接することは少ないと思いますが、僕らにとっては欠かせない存在なのです!!

 

この前病理医のドラマがあった気がしますが、近々放射線科医のドラマも出るのは?と勝手ながら考えています(^O^)

 

 

さてさて、レジデントニュースとしては、来年度来てくれるレジデントの先生が決定しました!来年は5名の先生方が来てくれます!

 

4月になったら病棟をうろちょろしていると思いますので、やさしくしてあげてくださいw

 

どんどん寒さが厳しくなってきました。みなさま、お風邪などひかぬよう、ご自愛くださいm(__)m

 

そろそろこのブログ担当も下の世代に引き継がなければ。。。

 

 

では!!!

 

お久しぶりです

おひさしぶりです!うちだです

またまた更新が少なくなってしまってすいません(・_・;)

 

先日、静岡のこども病院で僕らと同じようにレジデントをされている先生方と交流会をしてきました!

 

同世代の先生方で進む道も様々で、楽しく交流を持つことができました。

まさかの写真をとりわすれるという・・・・。

 

今回はわざわざ新横浜まで来ていただいたので、次回は静岡にぼくらがお邪魔する予定です!

 

さてさて、最近はめっきり秋めいてきており、風邪が流行ってきそうですね。

皆さんしっかりうがい、手洗いしましょう!

 

では!!

べいり~写真集

こんにちは!うちだです。

専門医試験の勉強などでなかなかブログを書く時間が取れず、久しぶりのブログ更新となってしまいました。。

 

無事(?)専門医試験も終わりまして、あとは結果を待つのみです。

受かってたらいいなぁ。。。。(切実)

 

 

さてさて、題名のべいり~写真集とは、入院中のこどもたちが撮影したベイリーやヨギちゃんの写真集です!

タイトルは 「MY BEST FRIEND AT THE HOSPITAL〜こどもたちの目にうつったファシリティドッグ〜」です。

 

f:id:KCMCjunior:20160912123730j:plain

 

 

僕も購入しましたが、プロのカメラマンが撮影したのとはまた違ったいい写真がたくさんありました。

みなさんもぜひご購入を検討いただければ幸いです!

 

下記HPで購入できるようです!

ファシリティドッグ写真集の購入はこちら « シャイン・オン!キッズ - 小児がん、重い病気と闘う子どもたちと家族の支援のために